株式会社 一柳アソシエイツ

一柳良雄の志         
『同 志 … 夢 志 情熱』2/3

総理を国会で縛り付けて大騒ぎしている割には本質的な内容の無いやり取りが多いのも事実。
日本の未来、世界レベルでの目線からすれば、なにも総理を縛り付けてやるまでの事は無い様な話が多すぎる。
国会での話し合いのトピックすら軽重を付けられないのが今の日本だ。
もちろん、災害の大きさにもよるが、総理をもっと海外に出さなければいけない。
海外の事を知り、世界の中の日本という視点で物事を捉え、日本の未来を考えた時、海外とどのようにやっていくのが日本にとって良く、海外も日本に対して上手く向き合ってくれるか、そのためには我々は今何をすべきなのか? 
これからの世界秩序は不安定化していく。
米・中・ロシア・欧州・中東などを見れば明らかだ。
日本の生きる道をマルチで構築しなければならない。
これを皆が分からないから、そういう議論も出てこない。
日本と韓国・日本と中国・日本とアメリカ・日本とロシア、こういう付き合いをどうするのか、広いアジアの中の一員として日本はどういう役割を担いながらアジアをまとめ、もっといい地域にしていくのか。
更に保護貿易に対抗し日本は自由貿易を守るために国際的にどんな行動を行うべきか。
そんな視点で活躍できる政治家は何人いるんですか、国際機関をまとめて新しいルール作りなど日本がコーディネートできますか、と。
こういう事を考えずに選挙をしてここまで来たツケが、今、正にこの状態ということではないかと思うのです。 3/3へ続く

からの・・・

20181015

news