株式会社 一柳アソシエイツ

構想エネルギー21研究会

2018.09.25 更新

一柳が代表幹事を務める構想エネルギー21研究会の第115回勉強会を開催しました

鈴木 幸一 氏

鈴木 幸一 氏

 2018年9月19日 当社社長一柳が代表幹事を務める構想エネルギー21研究会の第115回勉強会に、世界で2番目にインターネット会社を設立されIT業界の最先端を走る㈱インターネットイニシアティブ代表取締役会長兼CEOの鈴木幸一講師をお招きし、『AI・IoTの今後の展開』とのテーマでお話しを頂きました。

 インターネットの成立過程の社会政治環境の説明や同時代から活躍する「GAFA」の創業者たちとの活き活きとした交友関係のご披露があり、大変興味深いものでした。
1975年のベトナム戦争終結後の米国は、21世紀に再び覇権国家となるべく、金融・通信のプラットフォームづくりに米国再建の途を見出しました。そこでインターネット開発に毎年数兆円規模の国家予算をばら撒きました。大学や研究機関ばかりでなくスタンフォード大学やシリコンバレーに集まった若者たちにも資金提供し研究開発に携わせました。その後、彼らは著名なIT企業の創業者となっていきました。

 続いて、AI、IoT、自動運転などの高速ワイヤレス、セキュリティの話がありました。
数年内にAIの処理速度が8倍になって瞬時に解析可能となり汎用システムになれば、IoTと結びついて設備の予兆管理などに幅広に利用されるようになるとのことです。セキュリティに関しても欧米や中国の驚くような最新情報のご披露がありました。
2019.09.19講義風景
 今回の出席者からは、「情報発信を権力者が独占すると最悪の選択をする惧れがある。インターネットによって誰でも情報を共有出来るようになった、とのお話しは示唆に富んでいます。」或いは「米国のグローバル企業の発想と日本の起業家の意識の格差は大きく、IT業界で日本が世界で活躍することはなかなか厳しいとの指摘は重たい。」などの声が有りました。


鈴木幸一氏プロフィール【鈴木幸一講師略歴】
株式会社インターネットイニシアティブ 代表取締役会長 兼 CEO
生年月日 : 1946年9月3日
出身地 : 神奈川県
最終学歴 : 1971年3月 早稲田大学文学部卒
プロフィール : 1972年、(社)日本能率協会入社。同協会においてインダストリアル・エンジニアリング(IE)、新規事業開発などを担当。1982年退社。1983年、(株)日本アプライドリサーチ研究所 代表取締役就任。ベンチャー企業の育成指導、産業、経済の調査・研究、地域開発のコンサルテーション等を行う。1992年12月、(株)インターネットイニシアティブ企画を創立、取締役に就任。1994年4月、(株)インターネットイニシアティブ(IIJ) 代表取締役
社長に就任。以来、日本における商用インターネットサービスの先駆者として、
20年以上にわたり新しい通信インフラ市場を切り拓く。2013年6月、代表取締役
会長兼CEOに就任、現在に至る。2005年より毎春、実行委員長として、東京・
上野で音楽祭を主宰。