株式会社 一柳アソシエイツ

一流塾

2018.12.13 更新

一流塾(第11期)の合同忘年会を開催しました

2018年12月7日
当社CEO・一柳が塾長を務める「一流塾」の合同忘年会を開催しました。

 一柳が塾長を務める経営者塾「一流塾」の合同忘年会を開催しました。今年は、一流塾特別顧問の福川伸次氏((一財)地球産業文化研究所 顧問、東洋大学総長、元通商産業事務次官)と斉藤惇氏((一社)日本野球機構会長 日本プロフェッショナル野球組織コミッショナー、(株)KKRジャパン KKR Global Institute シニアフェロー、前(株)日本取引所グループ 取締役兼代表執行役グループCEO)、一流塾顧問の渡邊五郎氏(元 三井物産(株) 副社長)と講師の神野吾郎氏(㈱サーラコーポレーション 代表取締役社長、豊橋商工会議所会頭)、特別ゲストの白石真澄氏(関西大学 政策創造学部 教授)にお越しいただきました。また、第11期の現役塾生に加え、第1期から第10期までのOB塾生が出席し、100名を超える参加者が集い賑やかに行われました。


 開会挨拶で一柳塾長は、「この変化の激しい時代を日本にとってチャンスととらえ、良き仲間と汗をかいて、日本を支える屋台骨となって欲しい」と塾生を鼓舞しました。開会挨拶の後、福川氏から「パラダイムシフトが起きている今、楕円の発想で物事をとらえ、攻守両面において複眼思考が重要である」とのご挨拶と乾杯のご発声を頂きました。続いて、斉藤氏からは、「世界に目を向け、色々な人と交わり、ナレッジを広げることで経営スキルを磨き続けてほしい」とのメッセージを、白石氏からは「三方よしの精神でうまく時代の変化を仕事に活かし、そしてロマンと夢を持っている」と一流塾の魅力についてユーモアを交えたお話を、そして、神野氏からは、「時代の変化が激しく、色々なことが起こるが、毎日を明るく過ごす中で光が見えてくる。そして、一流塾の活躍の場は広がっている」とのお言葉を頂きました。

塾長挨拶

塾長挨拶

福川 伸次 氏

福川 伸次 氏

斉藤 惇 氏

斉藤 惇 氏

白石 真澄 氏

白石 真澄 氏

神野 吾郎 氏

神野 吾郎 氏

OB会 会長 石井 宏明 氏

OB会会長 石井 宏明 氏

 その後のOB塾生からの近況報告では、まずOB会(一流塾士会)会長の石井宏明氏から、この1年間の勉強会やビジネス交流会など活発化しているOB会の近況等についてお話し頂き、続いて各期のOB塾生代表の方から近況報告を行って頂きました。OB塾生の報告に続いて、第11期の現役塾生からも自己紹介が行われ、ウィットやジョークに溢れるスピーチの数々に、会場は大いに盛り上がりました。
 塾生スピーチに続き、一柳塾長が進行役となり、プレゼント抽選会が行われました。講師・ゲストや塾生の方々からご提供頂いた豪華なプレゼントの数々に、当選者が決まるごとに歓声が沸き起こり、会場全体が非常に盛り上がりました。
 その後の歓談時間では、テーブルを超えて会場のあちこちで交流の輪がいくつもでき、講師・ゲストを囲んで情報交換や近況報告など、期を超えた塾生同志の交流が活発に行われました。
 そして、「一柳式マナー講座」と題した交流イベントは、硬軟織り交ぜたユニークなイベントとなり、会場が一つになって更なる盛り上がりを見せました。

歓談の様子

歓談の様子

OB会イベントの様子

OB会イベントの様子

渡邊 五郎 氏

渡邊 五郎 氏

 最後は、渡邊氏から「一流塾という人生道場でのご縁を大切にし、太く豊かに生きられよ」とのお言葉をいただき、一本締めで会が締めくくられました。出席者一同、この一年間を振り返りつつ、来年に向けての決意を新たにしていました。
 OB塾生からは、「年に一度の塾忘年会を楽しみにしている。ここに来ると久しぶりに会う人ばかりでなく、新たな期の塾生とも会えて新たな関係ができて有意義だ」「たくさんの先生方、先輩方が築いてきた一流塾の卒業生としての誇りを持って、一流の経営者になれるよう努めていきたい」といった声が、また現役塾生からは、「たくさんのOB塾生の方と交流ができ、『塾生のつながり』や『卒塾後の拡がり』を感じることができた」などの声が聞かれました。
 2次会においても、一柳塾長や多くの塾生が参加し、会場のあちらこちらで真面目な話から柔らかい話まで、楽しい交流が深夜まで続きました。
 
 

【事務局長コメント】
第11期一流塾の合同忘年会も講師陣やたくさんのOB塾生、現役塾生に参加いただき、盛会となりました。
今回特に目立ったのは、まず、いつもタイムマネジメントに苦労していた塾生のスピーチが素晴らしかったことです!OB塾生は各期の代表の方がそれぞれの方法でコンパクトに近況報告を行い、現役塾生はというと、1人20秒という厳しい条件にも関わらず、ユーモアを入れたスピーチを行い、多くの拍手を受けていました。さすが多くの応募者から選ばれし11期生と、存在感を示していました。OB塾生の近況報告も含め、やはり経験を積んで洗練されてくるものだなぁと、感心しました。
そして、マナー講座なるイベントが行われましたが、ここでもジョークがふんだんに取り入れられ、会場を笑いに包んでいました。あれがマナー講座?という疑問はいまだ解消されませんが、今年も皆様のご協力により、参加者の交流を深める機会である合同忘年会が無事に終えられたことに感謝いたします。
皆様、良いお年を!!