株式会社 一柳アソシエイツ

Ichiryu Press Center

2017.11.03 更新

クルージングの会が開催されました

 2017年10月27日に、リビエラ逗子マリーナにて、一柳アソシエイツに関係の深い方々や一流塾OB生等23名が参加して、クルージングの会が開催されました。
台風22号の接近が心配されましたが、そこは参加者の皆さんの日ごろの行いのおかげ(?)で、穏やかな海と雲一つない青空で、絶好のクルージング日和となり、予定通り夕刻に船が出航しました。
2017.10.27-01

 2020年 東京オリンピック・パラリンピックのセーリング競技会場となる江ノ島の海を船はゆっくりと進みます。真っ赤な夕焼けと、陽が沈むにつれて影を濃くしていく富士山と江ノ島の景色は絶景そのものでした。
 1人絶景を眺め物思いにふける方や、絶景をバックに記念写真を撮る方など、それぞれが絶景を堪能し、そして心地よい潮風を感じながらシャンパンを片手に参加者同士で交流を深める楽しい時間はあっという間に過ぎて行きました。
 参加者たちは皆、日頃の喧騒を忘れ、非日常の感激に浸り、爽快感や癒しの時間を過ごしたようです。

2017.10.27-022017.10.27-032017.10.27-03-2

 

2017.10.27-04

 


2017.10.27-05 港に戻った後は、チャペルリビエラに立ち寄りました。なんと、参加者の1人は、2日後にこのチャペルでお嬢様の結婚式を控えているとのことで、この段階で既に気持ちが高まっておりました。
 そして、施設内のベイショアに場所を移して、会食が開かれました。
 冒頭、一柳より、今回は日ごろ色々な活動でお世話になっている方々への感謝と、熱心に活動されている一流塾OB生への激励のためにお声掛けしたため、引き続き熱心な活動で良い関係を発展させていきたいとの思いを語られました。また、残念ながら前日のキャンセルが発生してしまい、急遽ご参加いただいた方もいるが、何事も裏で汗をかいている人々がいることを忘れないでいただきたいと話されました。
2017.10.27-06 その後歓談を挟み、参加者1人1人から自己紹介も兼ねた1分間スピーチが行われました。それぞれがユーモアやウイットに富んだスピーチで、会場は大いに盛り上がりました。
 また、テラスに出ると心地よい夜風が感じられ、美味しい料理と飲み物に加え、海の向こうに見える江ノ島や鎌倉の街明かりも手伝って、参加者の交流が夜遅くまで続きました。

2017.10.27-07 参加者からは、「この様な素晴らしい会に参加させていただき、とても感謝している」、「非日常を体験することから何かが生まれるという事はあるが、スケールが違う。さすが一柳さん」、「この様な非日常の機会を自分のビジネスにも生かしていきたい」などの声が上がりました。また全員が「とても感動した。ありがとう」と感激していました。