株式会社 一柳アソシエイツ

Ichiryu Press Center

2018.10.31 更新

一柳アソシエイツ 感謝の会2018を開催しました

2018年10月25日に、東京・新橋の第一ホテル東京で「一柳アソシエイツ 感謝の会2018」を開催致しました。
 当日は、政界・官界・経済界や芸術文化の多様な分野の、日頃から一柳、および一柳アソシエイツに特に温かく、ご支援をいただいている約200名の方々にご出席いただきました。

齋藤 健 氏

齋藤 健 氏

野田 聖子 氏

野田 聖子 氏

 まず、会の冒頭、大変お忙しい中、駆けつけて下った衆議院議員 前総務大臣 野田聖子氏及び衆議院議員 前農林水産大臣 齋藤健氏より一言ずつお言葉を頂戴しました。野田氏は、今は時代の変わり目であり、次のステージへ向けて皆さんと共に頑張っていきますとの意気込みを、齋藤氏は、一柳のネットワークで想いを一つにして、日本を前進する後押しをしていきたいとの想いを語られ、一柳を激励して下さいました。
 
 そして、一柳から、一柳アソシエイツを設立して19年、苦労もあったが、人の歩んでいない道に踏み出して、良かったと思っている、ここまでやってこられたのは今日集まってくださっている皆さんの支援があってこそだと感謝の気持ちを述べました。そして、一柳がライフワークとして情熱を傾け、今年で11年目となる経営者育成塾「一流塾」が日本三大私塾として紹介挨拶する一柳されたことや、キャスター歴も10年目に突入して、その志を発信し続けている「一柳良雄が問う『日本の未来』」(BSテレ東)などの最近の活動を紹介しました。挨拶の最後には、自分は今も進化を続けている。「世界から尊敬される国」「若者が夢を持てる活力ある国」日本にしたいという志を持って、ここにいる仲間と共に頑張っていくので、引き続き、よろしくお願いしますと、ユーモアを交えながら話しました。
 
 
 乾杯は、有限責任 あずさ監査法人 理事長の酒井弘行氏にご発声をいただきました。酒井氏は、「この会は『感謝の会』とあるが、我々がずっと一柳さんにお世話になって今がある。逆に感謝をする会です。」とご挨拶され、乾杯となりました。
 乾杯の後には、お忙しい中、ご参加いただきました衆議院議員の平沢勝栄氏と鈴木隼人氏にご登壇いただき、一言ずつお言葉を頂戴しました。

酒井 弘行 氏

酒井 弘行 氏

平沢勝栄氏 ・鈴木隼人氏

平沢勝栄氏 ・鈴木隼人氏



 歓談のお時間をはさみ、ご出席の皆様を代表して、6名の方々より一柳へのエールを頂戴しました。
 第1組目は、一般財団法人地球産業文化研究所 顧問の福川伸次氏、セガサミーホールディングス株式会社 代表取締役会長グループCEOの里見治氏、富山県商工労働部長の伍嶋二美男氏が、続いて第2組として、マツヤ産業株式会社 取締役会長の玉西敏雄氏、株式会社パロマ 代表取締役社長の小林弘明氏(一流塾2期生)、全日本空輸株式会社 取締役執行役員 客室センター長の山本ひとみ氏(一流塾9期生)がご登壇し、それぞれに一柳とのエピソードなどを語りながら、これからも日本を元気にするために共に頑張っていきましょうと激励のお言葉をいただきました。

伍嶋二美男氏・福川伸次氏・里見治氏

伍嶋二美男氏・福川伸次氏・里見治氏

玉西敏雄氏・小林弘明氏・山本ひとみ氏

玉西敏雄氏・小林弘明氏・山本ひとみ氏


今井 澂 氏

今井 澂 氏

 また、国際エコノミストの今井澂氏より、現下の株価の暴落についての解説があり、そして、一柳は運が強く、ご参加の皆さんにもその運が味方するといったお言葉をいただきました。

 続いて、書家・アーティストである紫舟氏にご登壇いただき、『世界と真逆な日本の価値観』と題して講話をいただきました。紫舟氏は、冒頭、一柳はご自身がどんな状況にあっても同じ態度で接してくれ、そういう方々の支えのおかげで今の自分があると述べられました。そして、書を立体的に可視化した作品「不負(まけざらん)」を示しながら、書に込められた日本人の精神性や価値観を西洋との比較を交えて分かり易く説明いただきました。そのうえで、まだまだ世界に広く伝え切れていない日本文化を、世界との価値観の違いを踏まえて伝えていることなどをご紹介いただきました。参加者は、紫舟氏のアートの世界に引き込まれて熱心に聞き入っていました。後の歓談のお時間にも、紫舟氏と作品を囲んで、アートな世界の交流が繰り広げられました。

紫舟氏と作品「不負(まけざらん)」

紫舟氏と作品「不負(まけざらん)」

 たくさんの方々にご挨拶をいただき、その後も会場のいたるところで和気藹々と歓談が進む中、一柳も自ら会場を回り、ご参加いただいた皆様へのお礼を述べて、一人一人と言葉を交わしました。
 時が経つのを忘れてしまうほどの盛り上がりの中、経済産業省 大臣官房長の糟谷敏秀氏より、「官僚を辞めて独立した一柳さんは自分たちから見てとても励みになる先輩です。たくさんのご縁をいただき感謝しています。益々の発展をお祈りします。」とのお言葉で中締めとなり、盛会のうちに開きとなりました。

歓談の様子

歓談の様子

糟谷 敏秀 氏

糟谷 敏秀 氏


 ご参加いただいた方からは、「これだけ幅広い方々が一堂に会する明るく楽しい和やかなパーティーは他にない。お呼びいただいて感謝している」「一柳さんの人材育成や、日本の未来についての発信など、ご活躍からいつも刺激を受けている。益々元気で頑張ってほしい」「一流塾の卒業生として、今後は自分たちが一柳塾長に恩返しをしたい」などの言葉を多くいただきました。
 皆さんの笑顔と楽しい会話からたくさんの元気をいただきました。まだまだ元気に頑張っていきたいと思います。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


【お花を頂いた方々(50音順)】
祝い花①アスクル㈱、有限責任 あずさ監査法人、イーサポートリンク㈱、
一流塾士会(OB会)、岩谷産業㈱、エイピーピー・ジャパン㈱、
SAPジャパン㈱、弁護士法人 城山綜合法律事務所、セガサミーホールディングス㈱、
ダイキン工業㈱、宝印刷㈱、㈱日本トリム、㈱パロマ、㈱プチファーマシスト、
ベインキャピタル・ジャパン、㈱ミキハウス、
祝い花②読売新聞グループ本社、㈱ロイヤルメディカルクラブ

【ウコンの力を頂いた方】
ハウス食品グループ本社㈱

【祝電を頂いた方】
東京都知事 小池 百合子 氏
富山県知事 石井 隆一 氏


どうもありがとうございました!

どうもありがとうございました!