株式会社 一柳アソシエイツ

Ichiryu Press Center

2019.02.21 更新

「一流塾士会(一柳が塾長を務める一流塾のOB会)」の大会が大阪で開催されました

2019年2月15日(金)
「一流塾士会(一柳が塾長を務める一流塾のOB会)」の大会が大阪で開催されました

2019.02.15集合写真
 2008年5月に開塾した一流塾は、間もなく卒塾式を迎える第11期までで、塾生総数が455名に達します。卒塾生は「一流塾士会」というOB会を結成しており、同期同志はもちろん、期を超えても親密な交流が行われ、その交流から新たなビジネスがいくつも生み出されています。
 活発に交流するOB生たちは、毎年東京でOB総会を、大阪で大会を開催しています。今回は、ANAクラウンプラザ大阪に、第1期から第10期までのOB生約35名が集まり、また現役の第11期生3名も参加しました。


 大会では、会長の石井氏(第3期委員長)による開会挨拶で始まりました。冒頭、一柳塾長が挨拶に立ち、先の見えない時代には、「多長本」というモノの見方が役に立つと話されました。そして、マネジメントはリスクを取りながら人の心に火をつけて結果を出すことが求められており、会社、そして社会を良くするためには、批判ばかりではなく、代案を出して、それを実行することが重要であると説きました。そして最後に、自らの強みと過去の延長線上にない分野を融合させて自ら答えを出していくことが必要であり、幅広い視野を持って、かつ楽しく頑張って欲しいとOB生を激励されました。
 副会長の中井氏(第4期副委員長)による乾杯の後、歓談を挟み、石井氏から「塾士会の活動状況について」の報告が行われました。石井氏からは、一流塾士会のさらなる発展のためのお願いとして、昨年より稼働している塾士会のHPをより活用して、OB生同士の新しいビジネスチャンスを生み出してほしいということ、各期が開催しているイベントに積極的に参加して期を超えたつながりを多く持っていくこと、そしてOB生同士のビジネスマッチングの成功例をあげ、こうした事例が沢山出てくるように、より一層活性化していきましょうとお話されました。

塾長挨拶

塾長挨拶

会長 石井氏報告

会長 石井氏報告

副会長 中井氏乾杯

副会長 中井氏乾杯

2019.02.15各期の近況報告-012019.02.15各期の近況報告-022019.02.15各期の近況報告-03

第1期委員長 抱氏中締

第1期委員長 抱氏中締

 その後、各期ごとにOB生が登壇し、一人一人から近況報告や抱負などのスピーチが行われ、それぞれの個性的でユーモアに溢れたスピーチに、会場から関西ならではの鋭い突っ込みが入るなど、会場は終始盛り上がりました。会の最後には、抱氏(第1期委員長)より閉会のお言葉と大阪締めで閉会いたしました。
 また、続いて行われた二次会にも多くのOB生が参加し、その後も一流塾ならではの裃を脱いだ語らいと笑い声で終始賑やかな交流が続きました。