株式会社 一柳アソシエイツ

ichiryu

塾長 一柳の想い

激動の時代、混迷を極める政治・経済・社会環境の最中にあって
photo_0121世紀の日本経済が持続的成長と発展を遂げていくためには
時代の変化を的確に先読みし、自らを変革し、
スピーディーに対応していくことが不可欠です。改革の礎を成すのは人であり、志、夢、チャレンジ精神を
もった「起業家」、先達の伝統を引き継ぎ次代を担う創業者の
ニ世・三世等の「後継者」、そして、日の丸を背負い世界市場で
戦う大企業の「トップマネジメント」達が、日本の将来を担う
現代の「サムライ」であると確信しております。

翻って今日の産業界を鑑みるに、真の経営者たりうる人材が
不足しているという現状も懸念されています。
今、日本が世界の変化について行けず世界の視野から
沈んでいくことに対し自分は極めて強い危機感を抱いています。

IoTやビッグデータ、AIやロボットといったイノベーションが急速に起こる中で、人口問題やエネルギー問題、テロや安全保障問題などのパラダイム変化の下に我々は置かれています。こうした混沌の時代となっている今こそ、我々は新しい日本を創る気概で、日本経済活性化の為に頑張らなければなりません。

塾生にはリーダーとして組織を牽引するために必要な「人間力」、社会に責任をもつ企業市民として持つべき
「公の精神」、部分的な損得に惑わされない「全体最適対応力」、そして世界市場でグローバルプレイヤーと
伍していく為に必要な「グローバルな視点」を涵養する機会を提供し、ここから真の経営者に足りうる人材を
輩出する役割を一流塾は担っていると自負しています。

リーダーは常に学び、挑戦し、勇気と元気と知恵をもって、不断の努力をし続ける存在でなければなりません。
座学だけにとどまらず、政・官・財等の最高峰の講師陣との人間的接触を通じて、
生の経営哲学や人生訓を体感し、大局観を養い、自己改革へと繋げ、もって、国際社会の一員として、
活躍、飛翔を遂げられる人材を育成していきたいと考えています。

次代を担うリーダー達を育て、彼らが情熱と志を持って経営に取り組み、事業を通じて、
社会へ貢献して行く環境づくりに、汗と知恵を出して応援していくのは、我々シニア世代の
「未来に対する責務」であると考えています。「立派な経営者を育てたい」という思いと情熱を共有する、
私の尊敬する人生の先輩や仲間とともに、勇気をもって、取り組んでいく所存です。

当塾も開塾して9年が経過しましたが、節目となる第10期の開塾式には、安倍総理や小池都知事にも駆けつけていただき、塾生を激励されるとともに、一流塾のさらなる発展へのご期待をお伝えいただきました。また、ある著名な経営者が書かれた本の中では、「日本を代表する三つの私塾」の一つとして一流塾が選ばれるなど、一流塾は周囲の評判が高まり社会的な存在価値も増してきています。
将来の不確実性が増大する中で、決断を求められる経営者にとって不可欠な、「ホンモノ」をもつ人達の
ネットワークを構築する「場」として、当塾がその役割を発揮するよう更に努力して参ります。安倍首相-02安倍首相-01小池都知事-01小池都知事-02