世の中に必要とされるものとなることが、事業推進の大きな原動力となる。

詳しく見る

激動の時代にあって、我々シニア世代は日本の次代を担うリーダー達を育てる「未来に対する責務」を抱えている。
この責務を果たすため、情熱を共有する仲間とともに一流塾を立ち上げ、勇気をもって取り組んでいる。

詳しく見る

一柳良雄が問う 日本の未来

BS テレビ東京にて
毎週土曜日 朝9時00分〜9時30分 放送

詳しく見る

NEWS

一覧へ
ニュース一覧へ

一柳良雄が問う
日本の未来

撮影中の画像

BSテレ東にて 毎週土曜日 朝9時00分〜9時30分 放送

次回予告

放送日:8/6(土)9:00~
テーマ:世界から尊敬される国に 日本の課題①
ゲスト:斉藤 惇氏(株式会社KKRジャパン KKR Global Institute
シニアフェロー/一般社団法人日本野球機構 会長 /
日本プロフェッショナル野球組織 コミッショナー)
成田 悠輔氏(イェール大学 助教授 / 半熟仮想株式会社
代表取締役)
再放送:8/13(土)9:00~

詳しく見る
撮影中の画像

PHOTO

塾長 一柳想い

撮影中の画像

激動の時代、混迷を極める政治・経済・社会環境の最中にあって21世紀の日本経済が持続的成長と発展を遂げていくためには時代の変化を的確に先読みし、自らを変革し、スピーディーに対応していくことが不可欠です。
そして、リーダーは常に学び、挑戦し、勇気と元気と知恵をもって、不断の努力をし続ける存在でなければなりません。
今日の産業界を鑑みるに、真の経営者たりうる人材が不足しているという現状も懸念されています。今、日本が世界の変化について行けず世界の視野から沈んでいくことに対し、自分は強い危機感を抱いています。IoTやビッグデータ、AIやロボットといったイノベーションが急速に起こる中で、人口問題やエネルギー・環境問題等のパラダイム変化だけでなく、グローバルで予期できないことがたびたび起こる環境下に我々は置かれています。こうした混沌の時代となっている今こそ、我々は新しい日本を創る気概で、日本経済活性化の為に頑張らなければなりません。

詳しく見る
撮影中の画像