株式会社 一柳アソシエイツ

一柳良雄の志         
「シッカリとつかもう!」

 「流れ星が流れる数秒の間に、願い事を言えばかなえられるよ!」
子供の頃、母から言われたことがある。これは、単なる子供をあやす言葉ではない、人間の真理が含まれた言葉だと、この頃、思う。自分がやりたいことを、すぐに、短い言葉で言うことができるかどうかということなのだ。
 自分のやりたいことを、心に強く常に抱えている人だけが、目の前を通り過ぎたチャンスをつかまえることができるのだと思う。成功した人は、えてして『運が良かったからです』と答える。しかし、本当にそうなのだろうか。同じものを見ても、思いがある人とそうでない人では「見える」ものが違う。常々思っていることがあるから、ソレを見たときに「あ、こうすればいいんじゃないか」とか「なるほど、これはこう応用したらうまくいくんじゃないか」という閃きが生まれるのである。そこにある運をつかめるかつかめないかは、その人の思い次第なのである。
 ギリシア神話に出てくる、チャンスを司る神様カイロスには、ふさふさとした前髪しかないのだ。はっと気づき、その後姿を追い、後ろ髪をつかもうとしてもつかめない。私はいくつか大きな決断をして、今にたどり着いているが、いくつかの局面で思い切って前髪をつかんで良かったと思っている。その結果、傍からはツラく見える状況になったこともあるが、(自分自身で決断し、自分自身で責任をとるんだ)と腹をくくると、とてもすっきりした気持ちになる。その結果は、良くても悪くても自分自身を成長させてくれる糧となる。若くて気力・体力のあるうちに、そして、自分の髪も少なくなる前に、カイロスの前髪をしっかりとつかみたいものである。

news